写真の右のOさんは御船町から50キロ離れた玉名市から

ほとんど毎日震災応援に来ています。

運転代行の会社をやっていて、夜は運転代行の仕事をし、

明け方ちょっと仮眠してから御船町に応援に来ています。

無口な方ですが、二日間も一緒となるといろんなことを

話してくれました。地震が起きたときに旦那さんが妻に

早く外へ逃げろと叫んでも、妻は外へ逃げずにまっすぐに

箪笥の方に向かったのでへそくりがばれたとか。

どこかで来たような話ですが、今回熊本で本当にあったそうです。

Oさんは地震発生の日、車に20Lの水タンク20個、LED懐中

伝統を300個をもって、被災地を回ったそうです。

東北大震災の時には大型トラックに支援物資をいっぱい積んで

岩手まで届けに行きましたが、津波で現地の人たちの車がほとんど

海に流されてしまったのを見て、そのトラックを置いて帰ったそうです。

被災地の人たちに代わって沢山感謝の言葉をかけてくれましたが、

私こそOさんに対する感謝と尊敬の念でいっぱいでした。