7月28日から30日まで韓国の済州島に行ってきました。

姉たちが3か月来日していたので、6月の夫婦登山が流れてしまい、

姉たちに精一杯孝行してくれた家内への慰安旅行もかねて

急きょ済州島のハルラ山登山を企画しました。

世界自然遺産のハルラ山は韓国で一番高い山だけでなく、北朝鮮の

金剛山、智異山と共に半島の三霊山です。

北朝鮮には中国吉林省との国境にある白頭山(2750m・中国名長白山)を

はじめ、2000m以上の山が50以上ありますが、韓国にはハルラ山(1950m)が

最高峰です。

『山不在高,有仙则名。水不在深,有龙则灵』

山は高くなくても神仙が住んでいれば有名になり、

水は深くなくても龍が住んでいれば霊気が漂う。

山の中に山を抱えているハルラ山の雄大さに感心の連続でしたが、

海抜差1300m、往復18㎞の登山は、いくら整備されている道とはいえ

一般の登山の2回分に当たり、日帰り登山としては結構きつい登山でした。

火山溶岩の流れでできた世界自然遺産万丈窟、韓国大統領達が訪れるという

ユリネ食堂、世界無形記憶遺産に登録された海女漁で採りたてのアワビの刺身、

韓国民俗博物館、早朝の東門市場など済州島を満喫し、夫婦ともに大満足した

二泊三日の旅でした。

済州島トルハルベ 済州島海女たち 済州島海女と鮑

 

 

 

 

 

済州島龍頭岩 済州島溶岩洞