12月21日は冬至の日。

冬来たり、春遠からずや。

中国から始まった24節季は世界無形遺産に登録。

12月23日は天皇誕生日。

12月24日、25日はクリスマスイヴとクリスマス。

そして今日12月26日は中国の毛沢東主席誕生123周年の日です。

今中国では極端的に毛主席を過大評価、あるいは過小評価しがちですが、

簡単に一刀両断の評価はできないのではと思われます。

毛沢東の時代を、文化大革命時代を洗脳されながら生きてきた

私はいつも複雑な気持ちでいっぱいです。

毛沢東は確かに偉大な指導者で、偉大な詩人です。

毛主席の軍事戦略、豪快な詩文と書道は当時の中国では

右に出る人がないほどです。

国民党の蒋介石と日本軍との戦いを見れば一目瞭然です。

特に毛主席の漢詩はその気概にしても、スケールにしても

圧巻です。

毛主席より優れた書道家は中国に数えきれないほどいますが、

毛主席の書道の奔放自由で、豪快なスタイルには脱帽です。

でも、中国の大躍進、人民公社、反右派闘争、文化大革命、

孔子大批判など大きな間違いを犯しました。

私はいわば毛主席の恩恵と迫害を一身に浴びせながら、少年時代、

青春時代を過ごしてきました。

「泥棒を 捉えてみれば わが子なり 切りたくもあり 切りたくもなし」

昔どこかで読んだ歌のような心境です。

普段は毛沢東主席の誕生日でもあまりコメントをしないように

していますが、今年は毛主席誕生123周年の年ですので、

コメントにならないコメントで往昔の偉人を偲ばせて頂きます。