カササギは韓国の国鳥です。

だから韓ドラではよくカササギの鳴き声が聞こえてきます。

中国ではよい知らせと喜びを伝える鳥として喜鵲と書きます。

私の故郷にはカササギがたくさん生息していています。

長い尾を上下に動かしながら啼く姿は実に美しく、鳴き声も聞く人の気持ちを

爽やかにしてくれます。

カササギ2

 

 

 

 

 

 

日本ではあまり見かけませんが、天然年記念物に指定されており、

佐賀県の県鳥になっています。

今日の主人公は同じ同じ鵲類の赤嘴鵲です。

普段はおとなしい鳥ですが、一時間も激闘して蛇を殺しました。

最初は蛇の方が優勢で、勢いよく反撃していましたが、

時間がたつにつれてだんだん劣勢になり、頭を上げることもできず

逃げるばかりです。今だと言わんばかりに赤嘴鵲は直下降しながら

鋭い爪で引っ掻いたり、嘴で突っついたりして、ついに蛇を殺してしまいました。

蛇のおなかに膨らんでいるところがあり、解剖してみると赤嘴鵲の子供が呑み込まれていました。

子供の仇討に命がけで戦った赤嘴鵲の母性愛の物語でした。