先日香川県観音寺の高橋さんが重要な話をしたいから

淡路島の八淨寺まで来てくれないかと言われました。

行って見ましたら、坂村真民先生の母念の碑が立っていました。

坂村先生を生涯の師として14年も先生のところに通っていた

孝橋さんにとっても、エベレスト山頂で「お母さん生んでくれて

ありがとう!」を叫んだ私のとっても、この母念の碑の前が一番

ふさわしい場所だと言われて、なるほどと感心しました。

83歳の岩坪名誉管長が大阪出張の疲れも顧みず、応接間で

逢ってくださいました。岩坪名誉管長も坂村真民先生と石川洋先生の

大ファンで、高橋さんと意気投合して話し合いました。

さすが高野山国際部長、総務部長、大阿闍梨だけあって、岩坪名誉管長の

話しは大変有益でした。孝橋さんとも大事な話ができ幸せでした。

先週の土曜日家内が急きょ中国の実家へ戻り、てんてこ舞いの一週間でした。

娘がロシアが帰りを伸ばして東京から姫路に戻り、朝5時からの製造を

手伝ってくれたりしてなんとか今日まで踏ん張りました。

明日家内が日本に戻りますが、それに合わせていろいろ報告したいと思います。