母の日が過ぎて10日も経っていますが、

モスクワの娘からのカーネーションはいまだに元気です。

先だっての大阪西南ロータリークラブ山歩き同好会との会合でも

つい自慢してしまいましたが、親ばかでしょうか本当に自慢したくなります。

私の親の代は老後を子供に託すといった時代でしたが、今は子供から何かを

してもらうより無事に幸せに暮らしていくことだけです。だからでしょうか、

子供から何かがあるとこの上ない幸せを感じます。まるで私が母になったような

気分になります。不思議でしようがないですが、本当なんです。

「カーネーション幸せ運ぶ天使かな」⇒正均