春が待ち遠しいこの頃です。

昨日神戸須磨の友人からはがきが届きました。

梅の花と「立春」という大きな文字が書いてありました。

いつもは夜11時に家内を姫路駅で迎え、「寒い、寒い」を

連発しながら家のドアを開けますが、春を告げる便りに

一瞬にして心が和み、体が暖まりました。

そう、昨日の2月4日は春立つ日でした。

百花のさきがけの梅の花、大寒の寒さに耐えながら凛として咲く

梅の花に勇気をもらい、「立春」という文字に春の足音を感じました。

庭の梅は蕾み始めたばかりですが、玄関前に出している盆栽の梅は

咲き始めました。

まだ寒い日が続きますが、もうすぐ春です!

和の心 座右の銘や 梅の花⇒正均

春立つ日 心新たに 水被る⇒正均