今朝東播磨倫理法人会モーニングセミナーで

大阪鴻池倫理法人会専任幹事木下とよ子さんの講話を聴きました。

生まれた時、へその緒に首がまかれて息ができず、産声もあげれなかったため

死産とみなされ、古い毛布にくるめられれて玄関先に出されていたそうです。

3時間ほど経っておばあさんが外に出てみたら、死んでいるはずの赤ちゃんが

動いていたので、驚いて家に抱き込んだのが木下とよ子さんの命です。

男の子が生まれてくると信じ込んでいたので、親はすでに「豊/ゆたか」の

名前を付けていたとか。

それが女の子だったため急きょ「子」をつけて豊子になったそうです。

私の生まれの時と重なるところが多く、息をのみ込みながら聞かせて

もらいました。

その後も幾多の苦難を乗り越えて、元夫の借金2000万を8年かけて

返済しました。

私も親からの借金がかなりありましたが、半分ほどしか返済することが

出来ませんでした。

その後幸い文化大革命が終わり、父の労災が認められので残額が免除になりました。

木下さんのどんな逆境にもあきらめずに踏ん張り、今日の幸せをつかんだ人生に

最大の敬意を表すとともに、今後の益々のご活躍を祈念してやみません。