昨日と今朝2回宇和島市倫理法人会で講演させていただきました。

前会長の山下武久さんが私の本を読んで感動したと今回の講演を

企画してくれました。

インターハイで何度も優勝した名門宇和島東高校ボート部で鍛え上げた

精神力と体力が山下さんの顔にみなぎっていました。二日間の短い期間でしたが、

旧知のように話が進みました。

宇和島は闘牛盛んな街ですが、牛鬼祭りが有名だそうです。

伊達10万石の町と栄えてきましたが、なぜ伊達家がと思ったら

政宗の長男秀宗が秀吉の人質として宇和島に来たのが始まりだそうです。

名物料理「じゃこてん」は魚の頭、骨、皮を取り除いてすり身にしたものを

いろんな形で揚げたものですが、秀宗が故郷を偲んで作らせたそうです。

田植えが終わった山の斜面の棚田が緑に光っていました。

みかん畑にはすでに紙袋がいっぱい吊るされていました。

勇壮に聳え立っている石鎚山を眺めていると100名山を駆け足で

上り下りした昔が懐かしく思えました。

海よし、山よし、人よしのこの宇和島の地で思い出に残る貴重な

講演体験をさせていただき、多くの新しいご縁をいただきましたことに

両手を合わせて感謝するのみです。