姫路は桜満開です。

今年はゆっくりしたお花見はできませんが満開の桜の下を

通るときは感動と幸せがこみ上げてきます。

年に一度の日本人の特権ですね。

一月は急いで往き、二月は逃げて往き、三月は去って往くと

言いますが、まさにその通りです。

新年を迎えたのが昨日のようなのに昨日からもう四月です。

就眠時間が私より早い家内が昨日は珍しくほとんど徹夜で

夢を語りました。

発酵の道に入って、微生物と付き合って40年、今その研究成果の

集大成が現実に近づいてきています。

マルセイを興して16年になりますが、笑いあり涙あり、幸せあり

ケンカあり、エベレストあり100キロウォークありのすべてが

これからのマルセイの為であったと感謝するのみです。

マルセイは今も小さな会社ですが、夢だけは捨てることなく、

忘れることなく二人で語り続けてきました。

現状に満足して二人の個人的な夢だけを追求してきたならば

決して今日の心身ともに、公私ともに充実した夢にはならなかった

ことでしょう。

「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

優れた想像力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、

安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春と言うのだ。

歳を重ねるだけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いが来る」

サミエル・ウルマンの詩はいつまでも私たちに青春を謳歌してくれます。