アメリカの心理学者ジョイス・ブラザーズは言いました。

「夢を叶える前に、まず夢を持たないとね」。

弘基は私より4歳下でしたので、影のように私について回りました。

1歳の時には小児麻痺を患いましたが、

漢方医をやっていた叔父の鍼灸のお蔭でびっこは免れました。

また、2歳の時には沸騰するお粥の釜に転び落ち、大やけどをしました。

左の手から頭までいまだにやけどの痕が残っていますが、

目がやられなかったのが不幸中の幸いでした。

この2回の大難で弟は動きが普通の子より鈍く、すぐ転んだりしました。

私がいたから同年代の子らにいじめられることはなかったですが、

運動会ではいつもびりでした。

それが中学校に入るや否や、弟は猛訓練で体を鍛えはじめました。

弘基の夢に向かっての第一歩がスタートしました。(つづく)