昨日弟弘基が半年ぶりに姫路に戻ってきました。

2か月に1回は姫路に戻っていましたが、オーストラリアでの

仕事が忙しく、珍しく今回は間が長引きました。

それも姉たちが来日して一か月半も過ぎているというのに。

昨日と今日連日姉孝行と言って、姉たちを市内に案内して

お土産を買ってあげたり、ごちそうをしたあげたりするから

姉たちも大喜びです。

昨日は夕方6時50分から東光中学校校区地域愛護育成会で講演しましたので

弘基の歓迎パーティには間に合わず残念でした。

兄弟の乾杯ができなかったことを残念がって今晩もう一回御馳走を作るから

早く帰って来いと姉から、弟から催促のメールと電話です。

平気で「姉たちは3人いるから一人亡くなってもまたお姉さんと呼べるけど、

兄貴は一人だけだから死んだらもう兄貴と呼べないから、姉さんたち

何が何でも兄貴のエベレスト阻止してくれよ」と姉たちの前で言ったりする

弟だけど、姉たちはこの末っ子の弟をすごく愛しています。

三月末から日本に来ると言いながら、三か月も伸びてしまった弟の来日を

姉たちも指折りして待っていました。

こんな兄弟を眺めている私と家内も幸せいっぱいです。