徳川家康は言いました。

「人の一生は重荷を背負いて遠き道を行くがごとし」。

弘基と向き合って語り合う夢は美しいそのものでしたが、

「人間万事塞翁が馬」のように、

私たちの夢はとんでもない方向へ動き出しました。

私より6歳下のクラスメートが十人以上いたように、

4歳下の弘基は私より1年先輩でした。

私より1年早く卒業することになります。

1982年7月の卒業を前に、弟は突然都会の就職機会を拒んで、

かたくなに故郷へ帰ると言い出しました。

当時は卒業生が自ら就職活動をするのではなく、

国が勤務先を決めてくれました。

学校の推薦が決め手になりますので、

弘基は非常に優位な立場でした。

大学を含め大手企業など幾つの選択肢がありました。

都会に残ったほうが海外へ行くチャンスも多く、

自分の発展に有利なのは言うまでもありません。

しかし、弘基は

「私はもう決めました。私は故郷へ帰ります」ときっぱり言いました。

大学のクラスメートも、先生たちもみんな不思議です。

ほかの人は望んでいても推薦を受けられないからいけないのに、

何が弘基を都会から600キロも離れた山奥へ導いたでしょうか。(つづく)