坂本龍馬は言いました。

「世の人は、われを何とも言わば言え。

わが成すことは、われのみぞ知る」。

弘基は小さい時から手が器用でした。

同じ親元で生まれたのになんでと負け惜しみの強い私でしたが、

認めざるを得ませんでした。

家に古いバリカンがあり、弘基が8歳の時にはお互いに散髪してもらうようになりました。

それが、弘基は段差が出ずにきれいに刈り上げてくれるのに、

私がしてあげた弘基の頭は凸凹だらけでした。

私たちが住む家は土壁でしたので、

毎年粘土に牛の糞と細かく切った稲わらをまじえて塗り替えます。

それが、弘基は鏡の面のようにきれいに塗りますが、

私のはどうしても鏝の痕が目立ちます。

弘基は小学生の時に、食棚を作ったり、

箪笥を作ったりしてみんなを驚かせました。

むかし家には大きな銅のたらいや、バケツがありましたが、

大躍進時代に政府に全部取り上げられました。

弘基はトタン板をもらってきては、木槌でその波をたたき直し、

たらいやバケツを作りました。

村の人たちが「この子将来どんな人になってくれるか楽しみだ」

と感心して言いました。

弟は小さい時からモノづくりの夢を育んでいきました。(つづく)