お盆の連休に山岳遭難事故が相次ぎました。

遭難された方々には謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

こうしたら遭難されずに済んだのかもと思う時が多々ありますが、

そう思う私もかなり無茶をしたものです。

今振り返ってみれば背筋がぞっとする時が結構あります。

勇気ある撤退という言葉がありますが、身を山の環境におくと

なかなかしにくいのが撤退の決断です。

写真の私ですが、腰まではまってくる雪を掻き分けながら火打山(2462m)に登りました。

その後休まずに妙高山(2454m)に登りましたが、谷間では首まではまったりしました。

それでもあきらめられず、山頂に立った時にはすっかり暗くなっていました。

いくら夜間登山に慣れているとはいえ、登山口まで下りてきたときには

体力気力がほとんど残っていませんでした。

たまたま私の場合には運がよかったことと、確かに見えない力に守られていたような

気がしてなりません。いくら感謝しても感謝しきれません。

今後は自分の経験を反面教師として、ふれあい山歩こう会の山行を

楽しんでいきたいと思っております。