昔日本語を習い始めた頃の笑い話です。

ヒアリングの授業ではよく日本の昔話をテープで聞きながら

その内容を勉強することをしました。今にしてみれば簡単な話ですが、

当時は聞き取れなくて難しくて大変でした。

昔、権助が親類の家に遊びに行きました。朝近所の人に

「今日は大層寒いですね」とあいさつされましたが、何を言ったらいいか

分からず、そのまま家に入ってきました。親類の人が「人があいさつをするのに

何も言わないのは失礼だ。そういう時には、(そうですね。山は雪でしょうね)と

答えなさい」と教えました。

ところが次の日は打って変わって暖かい日になりました。

近所の人に「今日は大層暖かいですね」と言われ、

権助はあわてて「そうですね。山は火事でしょうね」と答えたとか。

昨日は山崎文化大学で講演させていただきました。

400人ほどの参加者を前にあっという間の90分でした。

姫路とはちがって山崎は道端に雪が結構残っていました。

山は雪に覆われているし、ちらちらと落ちてくる雪をワイパーで拭きながら、

権助の話を思い出し、一人で笑ってしまいました。

この先冬将軍がいましばらく居座り続けるそうですが、

「冬来たりなば春遠からじ」です。