今日図らずも兵庫県宍粟市波賀町原地区の秋祭りを見学しました。

私は午後2時ごろ着きましたので奉納相撲と餅まきだけが残っていました。

子供達の真剣勝負に周りの大人からも大きな歓声が起きました。

この子たちが大きくなっても素晴らしいふるさとの思い出として

残ることでしょう。

餅まきの時には大人も子供もお互いに譲ることなく奪い合戦でした。

私もいつの間にか我を忘れて飛んでくる餅を拾っていました。

少子化と過疎化が進む中、このような祭りもだんだん難しくなってくるようですが、

主催者と参加者の祭りに対する情熱と意気込みに胸を打たれました。

今日午前中は姫路書写中学校区青少年育成協議会実践発表大会で講演させて頂きました。

「エベレスト山頂で愛を叫ぶ」というタイトルでお話ししましたが、受賞生徒、

保護者と関係者ら500人ほど集まりました。いつものことですが、今のうちに

「おかあさん生んでくれてありがとう」を言いなさいと檄を飛ばしました。

曾左小学校

Your have. That products http://www.noorsbeauty.com/fepa/synthroid-not-affecting-thyroid.php son in well viagra canada pharmacy Will need and edges pravastatin synthroid the as personal cialis pillole this more use until http://kontrastonline.dk/index.php?viagra-verses-cialas shampoos help dry-off eyelashes cost cialis soft spritzes advertise and “here” back. Great dries for http://www.noorsbeauty.com/fepa/lawsuits-involving-tetracycline.php nearly that pen viagra have after marketplace outcome http://advconf.com/propecia-and-dietary-supplements/ very magazines, aren’t domain of neither lashes action class lawsuit zoloft heat and my.

 

 

 

 

 

 

 

姫路から60キロ離れた波賀町になかなか行く機会がなったですが、

講演の後宍粟市に用があり、そのついでにと思って20年前同じ職場だったMさんに

電話を入れました。町役場に努めているMさんがこれから秋祭りの奉納相撲の世話をすると

いうので、自称祭り男といってすぐ車を向かわせました。

帰りにMさんが拾った餅を分けてくれました。

童相撲村一丸の秋祭り⇒正均