レ・ミゼラブルで有名なフランスの大文豪ユーゴは言いました。

「私はむしろ自分の微力で自分の前途を切り開いても、

権力者に媚びり付くことはしない」

イギリスの大詩人ジョージ・バイロンは書きました。

「どんな空模様であろうとも、

どんな暴風であろうとも

私は立ち向かう準備ができている」。

私は零下30度の酷寒の中でも朝5時には起きていました。

たらいに水を汲んで、体をえぐるような北風に向かって冷水マッサージをしました。

体が熱くなったら学校の運動場を走りました。

私は変わりました。どんなに殴られても泣かなくなりました。

そして私は強くなりました。

ガキ大将たちも私を遠慮するようになりました。

一方、私はがむしゃらに勉強に励みました。

母のために、どんなことがあっても絶対大学に行くと決めました。

勉強がますます面白くなってきたとき、

未曾有の中国文化大革命が襲いかかってくるとは、

少年は夢にも思いませんでした。(つづく)