一昨日の1月5日は24節季の小寒です。

来る1月20日は大寒ですが、中国ではよく

「大寒が小寒の家に遊びに来て

『君の家はもっと寒いな』と言った」という話で

小寒が大寒より寒いと比喩しています。

マルセイの近くの三左衛門堀の寒梅が咲き始めました。

ピンクと白が行き交う人の目を楽しませてくれます。

日本でも万葉時代から梅の花がたくさん詠まれていたようですが、

「東風吹かば匂いおこせよ梅の花、主なしとて春な忘れそ」

「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」など名歌名句も沢山生まれました。

%e5%af%92%e6%a2%85%e8%a9%a9%e6%96%b0中国では梅の花は一時期国花に

しようとしたほど人気の花です。

古今東西文人墨客の名句は

数えられないほど多いですが、

私が一番好きなのは上の

「梅花香自苦寒来/梅の花の素晴らしい香りは冬の酷寒に堪え凌いだからあるのよ」です。

我が人生において花と言えば、どこにでも咲き、踏まれても踏まれても咲き続ける

タンポポが一番好きで、一番似合いますが、梅のような花になってみたいと思う時が

無きにしも非ずです。

志を 問う寒梅の 綻ぶ日⇒正均