皆さんご存知ですか。

毎月の第3日曜日は「家庭の日」です。

「家庭の日」とは家族みんなが顔をそろえ、

子どもたちの健やかな成長を願う日のことだそうです。

今は子供が大きくなっていて親と一緒に暮らしていない

家庭が多いから、内容を少し変えた方がよいのではと思ったりしますが、

余計なお世話でしょうか。

毎年の5月15日は国際家庭の日です。

国連が1991年定めたものですが、日本ではほとんど無頓着なようです。

世界平和のために何をしたらいいかと聞かれたマザーテレサさんは

「帰って家族を大事にしなさい」と答えたそうです。

平気で子が親を刺したり、親が子を絞めたりする今の世の中、

真剣に「家庭の日」を考える必要があるのではと思うのは

決して余計なお世話ではないと思います。