今日灘中学校家庭教育講演会で講演させていただきました。

私が住んでいる妻鹿とはお旅山を隔ててすぐですので、

学校の廊下からお旅山山頂がきれいに見えました。

灘中学校は在校生が1100人を超え、兵庫県下一番大きい

中学校だそうです。

昔から相撲や柔道が有名で、少し気性の荒い学生が多いかと

思ったら、体育館満杯の会場が最初から最後までシーンと

講演に集中していたのには驚きました。

「命・愛・絆」のテーマで講演しましたが、自分の中学生時代が

思い出され、感無量でした。この1100人の未来の卵たちが

自分の夢に向かってたくましく羽ばたく姿を想像するだけでも

講演に気合が入ってきました。

命を大事にすること、この限りある命を自分のためにあるいは誰かのために

燃やし尽くすこと、今置かれた環境でベストを尽くすこと、夢に困難はつきものだから

耐えて乗り越えていくことなど、普段の講演とは少し趣を変えて90分間訴えました。

一人でも多くの生徒が勇気づけられたり、新しい気付きをもらったりすることを

願ってやみません。

最後の生徒会長福永君の謝辞に、「私は妻鹿小学校で木元正均先生の話を聞いていますが、

今日二度目の話で新たに感じ、学んだところが多いです」言われました。

2階の保護者達からも温かい拍手をいただき、元気盛りの中学生から勇気とパワーを

浴びながら会場を後にしました。