昨日はふれあい山歩こう会の第95回目の例会で、

宍粟市の藤無山の登山でしたが、

私は姫路国際交流フェスティバルの国際交流ふれあいゾーンで

中高生を相手に講話がありましたので、家内だけが皆さんと一緒に

山に行きました。

ふれあい山歩こう会には、今回のリーダーの高井伸子さん、

サブリーダーの志水さん、役員の浦田さんなどセミプロ級の

役員がいますので、私が参加しなくても安心して任せれます。

姫路国際交流フェスティバルには、去年から国際ふれあいゾーンで

スピーチをするようになりました。これは長年国際交流尽力してきた

福永さんと桂さんの好意によるもので、若い青年たちと一緒にいると

自分も若くなったような気分になります。

皆さんの夢をマイエベレストにたとえて、命懸けでないと山頂に

たどり着けないことを強調しました。

夢に困難はつきものだからあきらめずに本気で取り組むこと、

家のこと、学校のことのせいにするのではなく、置かれた環境で

ベストを尽くすこと、

大きな目標でも目の前の小さなことの積み重ねで実現できること、

親の生んでくれた御恩、育ててくれた御恩を忘れてはならないこと、

命を、家族を、先生を、友達を大事にすることを訴え、高校を卒業するまでに

100キロを完歩してみることを宿題にあげてスピーチを切り上げました。