10月14日、15日晴天にも恵まれ、灘のけんか祭りが

勇壮に、盛大に開催されました。

文化庁には「灘のけんか祭り」ではなく、

「妻鹿のけんか祭り」で名前が登録されているそうです。

祭りに起因も妻鹿によるところが大きく、妻鹿の皆さんは

誇らしげに「妻鹿のけんか祭り」と言っています。

また、ほかの六村の屋台の重さが2トンあるのに対し、

妻鹿の屋台は2,5トンです。

ですから、他の村と練りあう時にはよく先に落としたりしますが、

それはこの重さの事も関係します。

屋台を担ぎ出す時に、他の六村はシーソー式ですが、妻鹿は胴突き式で

地面を叩き込むので迫力満点です。

今年は香川、広島などの方たちを桟敷に招待しました。

場所もそこそこいいので桟敷代も結構張ります。

毎年素晴らしい友人、知人を招待しますので最高のお酒と、

最高のお弁当でおもてなしできるように心がけています。

祭りの迫力も加わり、皆さんには本当に喜んでいただいています。

妻鹿に住んで良かったと感じる瞬間です。