昨日芦屋に行ってきました。

長年大手家電メーカーの欧米営業を担当し、20年ほど前に創業された

Nさんから次の面白い話を聞きました。

むかし、ある男がえんま大王様に会いに行き、天国と地獄というのは、

どういう世界なのかを聞きました。

すると、えんま大王様は、男に、天国のようすと地獄のようすをそれぞれ

見せてくれました。

まず地獄では、ちょうど食事の時間だったので、人々が、ながーい箸を持って

大きな鍋の前に集まっていました。

この地獄では、ながーい箸食事をしなければならない決まりなのです。

人々は ながーい箸で、鍋の中のごちそうをとって食べようとするのですが、

あまりにながーいので、どうしても自分の口にごちそうが届きません。

それでみんな、何も食べられずおなかをすかせ、痩せこけて、他の人の食べ物を

横取りしようとして けんかばかりしていました。

えんま様は、次に天国を見せてくれました。

天国も食事の時間でしたので、人々は、地獄のと同じ、ながーい箸をもって、

地獄のと同じ、大きいなべの前に 集まっていました。

天国でも、ながーい箸で食事をしなければならない決まりなのです。

天国の人々は、おだやかな顔をして楽しそうにごちそうを食べていました。

ながーい箸で、お互いに仲良く、食べ物を取って相手の口へ運びます。

他の人とごちそうを分けあっているのです。

こうして地獄にいる人々は 自分のことばかり考えているために、いつまでも

けんかをして何も食べられず、天国の人々は おたがいを思いやっているので

仲良く暮らせるのだ、とえんま大王様が教えてくれました。