1959年から1961年まで中国では大躍進と人民公社運動がありました。

これは経済発展規律を無視した大きなミスでした。

3年自然災害とも重なり、中国経済と国民生活は致命的な打撃を受けました。

3千万人以上の人が飢えと疫病で命を失ったと言われています。

私たちの家に配給される1日1枚の昼食券は、いつも私に譲られました。

村の食堂に行ってお粥を食べてからは、幸せとうれしさのあまり踊りながら

帰ってきました。こういう家族愛に守られて私は無事3年の大飢饉を

乗り越えることができました。いや、これにはもう一つ母の献身的な、

必死の努力がありました。(つづく)

注:お粥とは少しの穀物に糠、野菜、木の皮、草の根っこを一緒に煮込んだもの