今大山のふもとの町米子に来ています。

大山は中国地方唯一の100名山です。

日本海からの大山北壁の勇壮な眺めも、米子自動車道からの

雄大な眺めも本当に素晴らしい一語に尽きます。

一回目は一人で登りましたが、途中で漫才師の宮川大助・花子夫妻に

出会いました。しばらくは一緒に登りましたが、私は時間を急いでいましたので

早足で山頂を目指しました。

テレビの漫才のイメージのように、やはり花子さんは強かったです。

二人とも山に慣れていないから、「ヒーハー、ヒーハー」しながら登って

いましたが、見る見るうちに大介さんは遅れて見えなくなりました。

その後花子さんは山頂まで登りましたが、大介さんは途中リタイア。

2回目はふれあい山歩こう会の皆さんと登りました。帰りのバス大学の盛り上がりで

皆さんの感動をかみしめることが出来、私自身二度感動してしまいました。

大山は一般登山者が登りたい山2位にランクインの素晴らしい山です。

登山を人生の旅にたとえたりしますが、「人生苦あれば楽ある」「人間万事塞翁が馬」など

私は本当に山からたくさんのことを教えてもらいました。

ちなみに、1位は富士山。「富士山は登る山でなく、眺める山」とか

「富士山に登らなければ一生後悔する。富士山に登ったら来世まで後悔する」

とか、いろいろ言われていますが、本心はやはり日本一のてっぺんに

立ってみたいということでしょう。

一昨日は大阪の経営懇話会で、昨晩は米子市倫理法人会ナイトセミナーで

講演させていただきました。懇親会では参加者との交流を深め、大阪でも

米子でもまた感動の出逢いがありました。後日のお楽しみに。

6時半からは米子市倫理法人会モーニングセミナーで講話します。