来る11月15日(土)午後2時30分から4時30分まで姫路市花の北市民広場大ホールで

私たち親子3人の出版記念講演会が開催される運びとなりました。

第1幕 23歳で志した企業家への夢⇒木元仁玉(14:30~15:00)

「両親の仕事が忙しいせいで、一人ぼっちの寂しい幼少時代を送った
はずの「娘」は、夢に向かって働く父と母を誰よりも尊敬していた。
好奇心旺盛な学生時代を経て、23 歳の時の「運命の出来事」をきっ
かけに、仁玉は両親と同じ「起業家」への道を踏み出すことに。父
と母の背中を追う若き女性起業家となった娘が、等身大の夢を語る。」

第2幕 夢で繋がる夫婦の絆⇒木元聖花(15:00~15:30)

「生後2 か月半の我が子を置いて、留学に旅立つ「母」としての胸中
はいかほどか。けれども19 歳のときに父を亡くし、余命6 ヶ月の
母を生還させた聖花には、どうしても成し遂げたい夢があった。生
命工学の研究に情熱を燃やし、特許9件を開発するまでになった聖
花は、自分の研究所を開き、人生を人々の健康のために捧げると誓う。」

第3幕 エベレスト登頂に懸けた夢⇒木元正均(15:30~16:30)

「2011 年5 月20 日、正均は世界最高峰エベレスト(8848m) の頂上に
立ち、天国に向かって叫んだ。「お母さん、生んでくれてありがとう!」
貧困・文化大革命・父の自殺という苦難の青少年時代を駆け抜けた
正均。自らも「父」となった彼が、最後まで達成できなかった夢、
それは女手一つで自分達5人兄弟を育ててくれた母への孝行だった。」

どんなに苦しいときも、夢を支え合った家族がありました。

乞うご期待!家族3人の夢が一つに繋がります。