弟の弘基と友人の柳さんが連休にマルセイの新しい研究型製造基地のリフォームを助けてくれました。

足場なしで梯子だけでペンキを塗り、命綱をロープに掛けて急斜面の屋根を修繕しました。まさに

命懸けのリフォームです。おかげさまで事故、けがなしで外のリフォームが終わりました。エベレストで

使ったハーネス(安全ベルト)とユマール(上昇器)が思わぬところで威力を発揮するとは。弟と義妹が資金を

出すから業者に頼んでと言っていますが、創業期は自分でできることは自分でするのが我が流と頑固を

通しています。これが「自分がしないと兄貴がやるから」といってかえって弟と柳さんをひどい目に合しています。

丸々2週間もこんなド重労働をやったもんですから「もう兄貴のところなんか二度と来ない」というかと

思ったら「中国の工場に帰って急ぎのことを片付たらすぐ戻ってくる」といって関空に向かいました。

そういう弟を家内は涙して見送っていました。