誰かが言いました。

「命の誕生に勝る喜びはないよ」

また誰かが言いました。

「命の誕生に勝る神聖なことはないよ」

しかし、私の誕生を喜んでくれる人はいませんでした。

私の誕生を笑って迎える人はいませんでした。

栄養不良で衰弱のあまり産声もあげられませんでした。

おまけにあのアスピリンのおかげで三つ口に生まれました。

健全な子でも育てにくいこの時期に、こんなに衰弱では、

こんな三つ口では到底見込みがありません。

古い毛布にくるまれ、部屋の隅に置かれました。

完全に冷たくなったら山へ持って行かれます。(つづく)