光陰矢のごとしと言われますが、まさにその通りです。

1,2,3月が早いと思ったら、4月も過ぎてすでに5月です。

今年だけが早いものではありません。

昨日のようなことが何十年前のことだったりすることも

よくありますね。

「浅緑 染め掛けたりと 見るまでに 春の柳は 萌えにけるかも」

誰染浅緑糸,漫掛樹高枝?元是春風起,楊柳又発時。

万葉1847番の歌と中国語訳です。

「人民中国」という中国権威の日本語版画報ですが、長期連載で

毎回5首ずつ万葉歌を紹介しています。

その作者がTさんという大学時代のクラスメートです。

中国の大学で日本語学科の学科長をしていましたが、孫を見に

日本に来ています。

35年ぶりの再会ですので、姫路でTさん一家族を盛大におもてなしする

予定でしたが、スケジュールがうまくいかずまずは二人だけで先に会う

ことにしました。

1d19e72bb7a5dd757e16d515b0aef1b7 8e9aff26704a56b8991687c1c7658320

 

 

 

 

 

Tさんは中国文学に造詣が深く、特に漢詩が

得意でした。

李白の詩に「酒逢知己千杯少/知己に会えば

千杯の酒も足りないよ」の名句がありますが、まさにいくら飲んでも、いくら

しゃべっても飽きませんでした。

35年前は「風華正茂/風華正に輝く」時代でしたが、今は

「少小離家老大還,郷音未改双鬢催/小さくして家を離れ年老いて帰郷する

郷の訛りは変わっていないのに髪の毛はすでに白くなっている」です。

お互いに35年の歳月の潜り抜けてきましたが、昔の学生時代の純粋な

同学の情に何も変わりはありませんでした。

かえってもっと濃くなったような気がしました。

Tさんの人格と学風と文学造詣には昔も今も尊敬しています。

また誇りに思っています。

次は他のクラスメートも交えて一献傾けることを約束して

名残惜しい別れを告げ家路に就きました。