11月1日から5日まで台湾の玉山(日本名新高山3952m)に登ってきました。

真珠湾攻撃指令の「ニイタカヤマノボレ」で有名なかの新高山です。

玉山は登山規制が厳しく、一日の登山者を100名以下に抑えたり、

外国人は一日20名以下に規制したりするので、登山予定日の1月前に

抽選で当たった人しか入山できません。

日本の富士山とは大いに違いますが、その分よく管理されていて、

自然環境がよく保存され、そのうえ事故がほとんど起きないと言います。

私たちは運よく一回目の申し込みで許可証をいただき、わくわくしながら

この北東アジア随一高い玉山に向かいました。

3400mの排雲山荘で一泊するのが義務付けられていますが、残念ながら

ここで家内は高山病にかかってしまいました。無理をすれば山頂に登れない

こともなかったですが、高山病の怖さを知っている私は大事を取って家内の

登頂アタックをやめさせました。

翌朝3時半ごろ私一人で山頂にひとっ走りで登って下り、後は二人仲良く

ゆっくり下山しました。つづく。

玉山山頂