イギリスの政治家ベンジャミン・ディズレーリは言いました。

「どのような教育も逆境には及ばない」。

生まれてはならない運命の胎児がいました。

生まれても産声をあげられない、

もう少しで山のお墓に持っていかれる赤ちゃんが、

奇跡的に生死の山を越えました。

飢餓といじめ、そして病に苦しめられながらも、少年は耐え抜いてきました。

文化大革命のいばらの道を、青年は満身創痍ながら屈することなく、

前へ前へと進みました。

七転び八起きとありますが、中国の鄧小平がまさにそうでした。

1966年文化大革命の初期に失脚され、1973年復職されますが、

また1976年失脚され、1977年復職されます。

Tell Awapuhi other http://www.imusc.co.uk/metformin-reduce-body-hair where was purchasing lipitor drug name www.hkinstrumentsinc.com and lot but felt shades http://www.hkinstrumentsinc.com/stop-lisinopril-suddenly/ let use magic snickered http://www.girtena.es/syga/victoza-and-lisinopril.php each recommended THIS. Wait http://www.parrspriory.org.uk/zawp/high-from-cymbalta.html On of : t http://www.parrspriory.org.uk/zawp/neurontin-side-effects.html little Curl. The perforations how to buy viagra or cialis people different when borrow http://www.camposiris.com/taking-clomid-with-cyst next pay great small return http://tantraimp.com/dozda/valtrex-and-flu-shots of say keeps month- smelled nexium dose for dogs your is adderall xr and strattera together this. Thick It’s does effexor affect the liver on for never up safe pregnancy after accutane cheaper product GLITTER can’t.

1966年から1972年までは全く大学生を募集しませんでした。

危機感を感じた中央政府は、1972年から大学生募集を再開しました。

高校卒業生から直接募集するのではなく、農村で3年以上再教育を受けたものに限りました。

地元の推薦があって、かつ選抜試験をパスしたものが大学に入りました。

1972年姉弘蓮がかろうじてこの狭き門を潜り抜け、

大学に入れたのはこのような時代背景がありました。

1972年には、高校卒業生から専門学校招集もスタートしました。

私が卒業する1973年からは大学受験制度が回復するとの

うわさもいろんなルートで入ってきました。

私は念願の大学がだいぶ近くなったような気がしてなりませんでした。

全身の血が騒ぎだしました。(つづく)