フランスの哲学者アンリ・ベルクソンはいいました。

「どこまでいけるかを知る方法はただ一つ、

出発して歩き始めることだ」。

父の自殺で私を徹底的につぶそうとする3人組は猖獗極まるものでした。

社会に出でてから始めてもらったヘビーパンチに頭がふらつきましたが、

私は耐えてこらえました。

前にもまして働き、前にもまして毛主席語録を勉強しました。

毛主席の語録は自己防衛の最強の武器でした。

朝3時ごろには必ず起き、好天の日には青年隊員を呼び起こし、

雨と雪の日には一人で朝飯前の奉仕作業をしました。

各家庭から出てくる糞尿を毎朝集め、

山から取ってきた腐葉土と混ぜて有機肥料を作りました。

田植えのシーズンには、朝3時から夜8時まで働きましたが、

普通の社員と同じ工賃で満足しました。

1974年は長い一年でしたが、いよいよ実りの秋を迎えました。

田畑も私たちの期待に応えてくれました。

穀物の収穫量は最高記録を突破し、

一日の工賃も第2生産隊有史以来の1元/15円を超えました。

我が家の借金も一気に300元ほど減り、残りの380元は射程内でした。

現金を手にする家庭が増えました。

第2生産隊の忘年会はいつになく歓喜にあふれました。

私も思いっきり歌い、思いっきり踊りました。

父の死後初めての笑いでした。(つづく)