ディズニーの創業者ウォルト・ディズニーは言いました。

「夢を見ることが出来れば、それを実現することが出来る」。

1977年3月私は龍井市電線工場に配属されました。

めまぐるしく変化する夢と現実とのキャップで、

私の気持ちはかなり高ぶっていました。

私は人生のすべてを大学と母孝行に掛けました。

男を捨てる決心をしました。

恋の誘惑に負けないように、私は去勢を決めました。

ご先祖様には申し訳ないとは思いながら、

家のことは弟に託すことにしました。

周りにはできちゃった婚で夢をあきらめる若者が続出しました。

しかし、病院はなかなか手術してくれません。

精神病院での検査を進められ、腹が立ちましたが、

仕方がありませんでした。

当時は一人っ子政策の前哨戦のパイプカットが進められていましたので、

私はなんとか市の衛生局の許可証明を手にし、病院側と直談判をしました。

病院側は私の唐突な行為に手を焼いていました。

3回目の談判をしているさなかに、

私の故郷の病院のL先生が院長室に入ってきました。

驚いたL先生がすぐ私の家に連絡を入れました。

ふるさとの八道村はたちまち私のうわさで大騒ぎになりました。

噂は私が強制的に精神病院に入れられたとまで広がりました。

弟が飛んできました。

弟は2日間何も言わずに私の寮で一緒に寝泊まりしながら、

私を観察してしました。

3日目の朝になってお母さんがだいぶ心配していると言いだしました。

私は「お母さんには申し訳ないことをした。

お前が見ている通り私は心身ともに健全だ。

もうこんなバカなまねはしないからお母さんによく話してくれ」

と頼みました。

龍井市のホープにまでおだてあげられてからわずか5か月で、

電線工場の見習い工に落とされた私は、

東西南北の分別が全くできない真っ暗闇の中で、

泣くに泣けずただもがくことしかできませんでした。(つづく)