フランスの哲学者アンリ・ベルクソンは言いました。

「どこまでいけるかを知る方法はただ一つ、出発して歩き始めることだ」。

姉弘蓮の大学行きは、私に大きな希望と勇気を与えてくれました。

朝早くから夜遅くまで寸暇を惜しんで勉強に励みました。

都会の高校生ライバルたちに勝つことにポイントを絞りました。

私が住んでいた龍井市は二十数万人の人口で、私は田舎の高校に通っていました。

「精神一到で何事ならざらん」のように、

私は市の統一試験で一、二位を争うようになりました。

うぬぼれの広言をお許しいただけるなら、

私は1973年龍井市高校生卒業生の中で唯一全科目95点以上の最優等生の名誉を勝ち取りました。

しかし、「好事魔多し」というか、「月に叢雲花に風」のように、

高校から大学への夢ははかなく終わってしまいました。

大学受験制度は資本主義への逆戻りと批判を浴びるようになり、

高校生から専門学校の募集も途絶えました。

大学への唯一の道は3年間野良仕事をし、地元の推薦を受けることでした。

いつまでもがっかりばかりしてはいられません。

3年後の大学を目指して心を新たに奮い立たせました。(つづく)