去る1月7日姫路キャッスルホテルで阿比野建設の

新年交礼会がありました。

年商100億を目指す阿比野社長の新春挨拶に

心を打たれましたが、「まだ90歳です」のあいさつの後に

マジックを披露したり、歌を熱唱したり、日本舞踊を披露したりする

井上四郎先生のパフォーマンスには、胸が熱くなりました。

今日は午前中は詩吟で、午後は俳句でした。

共に今年の初稽古です。

皆さんは田中先生ご夫妻のおかげで、大きな声を出すことを基本に、

漢詩の勉強や詩吟の稽古に励んでいますが、それ以上に、

ここで結ばれる友情の絆がありがたく、うれしくてなりません。

初句座はいつも新年会を兼ねますので、いつもより早めに出句したあと

お弁当をいただきます。普段は5句ずつ出句しますが、お正月は

2句ずつ出します。

「還暦の祝いや海の初泳ぎ」「草木の精気抱くらむ山眠る」

二句とも今年の意気込みや闘志を託しました。

山は単独登山を貫きましたが、俳句はやはり師友の句を聞いたり、

師匠の句評を聞いたりした方が、豊かな俳句につながると思います。

詩吟も俳句も決意を新たにした一日でした。感謝!