健忘症とは、

1.記憶力が著しく障害される症候。見聞きしたことを記銘できず、すぐに

忘れてしまうもの(前進性健忘)や、ある時からさかのぼって過去の記憶を

なくすもの(逆行性健忘)がある。

2.ものごとを忘れやすい易い性質

とあります。

今朝弟が4時50分のリムジンバスで関空に出発しましたので、11月の登山に

備え、弟を見送った後その足で雪彦山に登ろうと家内と全身武装で車に乗りました。

それでも事務所に忘れてきた手帳が気になり、確認してみたら峰相小学校での

講演が今日でした。

あわてて予定を変え、暗い中をお旅山に登り、それからは講演のシミュレーションに

掛かりました。講演準備は数日前にできていますが、また講演は午後ですから、

午前10時に会社に戻る予定でしたから講演には間に合いますが、それでも大失敗寸前でした。

60歳を過ぎてから予定を忘れたり、ダブルブッキングしたり、友人の誕生日を忘れたり

することが増えてきました。ショッキング的なことですが、この現状を認めなければ

なりません。あらためて弟から、夜寝る前と朝起きてから手帳を確認すること、

電話やメールで入れた、あるいは入った予定はすぐ手帳に書いておくことをなどを

進言されましたが、これからはこの言われたことを徹底しなければ大変なことに

なりかねないことを身を以って教わりました。

(写真の可憐な花は、サガリ花といって沖縄や奄美大島一帯で夜に咲いて朝に散る

そうですが、久野博さんの会社の庭に沢山咲いていました。)