昨日奈良の信貴山温泉に行ってきました。

今から1400余年前、聖徳太子は、物部守屋を討伐せんと

河内稲村城へ向かう途中、この山に至りました。

太子が戦勝の祈願をするや、天空遥かに毘沙門天王が出現され、

必勝の秘法を授かりました。

その日は奇しくも寅年、寅日、寅の刻でありました。

太子はその御加護で勝利し、自ら天王の御尊像を刻み伽藍を創建、

信ずべし貴ぶべき山『信貴山』と名付けました。

以来、信貴山の毘沙門天王は寅に縁のある神として信仰されています。

%e6%a6%a7%e3%81%ae%e6%9c%a81500%e5%b9%b4山の寺院の中には樹齢1500年の

かや(榧)の木があり、聖徳太子像や

空海像がありました。

日本一のお地蔵菩薩をはじめ、

千手院、毘沙門天王などを拝み、

山の霊気をいっぱい浴びせられました。

山よし、宿よし、温泉よしの

旅でした。