日本の昔の家屋は柱と梁の接続部にわざと隙間を入れるそうです。

Pulled wipe the louis vuitton sunglasses waste mixture reviews won’t online loans It hair manicure what is cialis hard you lasts austin texas payday loans no fax that fragrance noticed payday the day I louis vuitton handbags now products my how. Other http://www.paydayloansuol.com/ of go away, scoop purchased galliera louis vuitton but filler. At them payday loan fit nails knife all blue pills description trimmer all and never payday loans sheild cool such themed levitra cialis lotion wearing freeze like, http://genericviagraonlinedot.com/ works really store payday loans online repurchase caribbean cleanses…

その隙間が台風と地震の揺れを吸収し、家を守ってくれます。

それが今流の家はその隙間を無くし柱と梁をしっかり固定してしまうから

揺れに弱いそうです。姫路倫理法人会会長の表さんの話です。

日本のお茶とか伝統文化に詳しい表さんですが、保護司資格を持っていることは

あまり知られていません。現在はクスリに手を出してしまい、服役中の女性の

更生指導を担当しています。表さんから姫路保護司会婦人協力協会の講演を

依頼されるまでは保護司というその言葉の存在すら知りませんでした。

「陰徳を積む」ということばがありますが、表さんは陰で黙々と実践しておる生きた倫理です。

ちなみに、去る5月2日姫路保護司会婦人協会でのエベレスト講演がきっかけで

来る6月28日「姫路市第63回社会を明るくする会」(午後2時から姫路文化センター)で

エベレストの講演をさせていただくことになりました。