市村さんとソバや 聖花と千里浜10月8日、9日の連休を利用して乗鞍岳、和倉温泉、千里浜、宝達山と

1100キロの旅をしました。

乗鞍岳の登山口の畳平までは自家用車通行禁止ですので、ほうのきスキーセンター

バス停の1200mからバスで一気に1500mの高度を上げ、2702mの登山口まで行きます。

途中、笠ケ岳から槍ヶ岳、奥穂高、前穂高まで、北アルプスの山々や、穂高連峰が

きれいに見えてきたので、バスの中から大きな歓声が起きました。

山頂にあった時には残念ながらガスが出て、全貌が見えなかったですが、

「立山を望む」を詩吟させていただきました。

乗鞍雲海 乗鞍聖花穂高連峰

 

 

 

 

 

立山を望む    国分青厓

夢に名山を見ること四十年

暮れに山麓に投ずれば只雲煙

天明日出でて驚き相揖すれば

玉立せる群山我が前に在り

去年和倉温泉で講演の時に、次はぜひ家内と一緒に来ると決めましたので

登山の後は和倉温泉で疲れの汗を流しました。

朝はカモメがあいさつに来てくれてうれしかったです。

日本で唯一車で走れる千里浜を走り、能登半島最高峰の宝達山に登りました。

山頂で「九月十三夜陣中の作」を詩吟しました。

九月十三夜陣中の作   上杉謙信

霜は軍営に満ちて秋気清し

数行の過雁月三更

越山併せ得たり能州の景

庶莫家郷遠征を憶う

下山してからは、去年私の講演を企画した市村昭代史さんご夫妻が

地元の穴場蕎麦処上杉でごちそうしてくれました。

幸せと感謝いっぱいの旅でした。

聖花と宝達山 和倉温泉聖花とカモメ