今日は旧暦の1月15日で、元宵節です。

中国だけでなく韓国や東南アジアの華僑も盛大に祝います。

昨日は弊社相談役永井史郎先生からすごいことを教えていただきました。

食物繊維の働きについては皆さんもよくご存知かと思いますが、

その食物繊維の新しい働きについて教えていただきました。

大腸内で食物繊維(難消化性糖類)を発酵する際に作られる酢酸、プロピオン酸、

酪山などは、腸内脂肪の蓄積を抑制し、さらに脂肪を筋肉に取り込んで燃焼させると

働きを持つと言います。

永井先生に食物繊維の整腸作用と、ダイエット作用を別の発酵原理で説明していただき、

さすが発酵大家とあらためて感心しました。

永井先生に弊社の相談役、顧問をお願いしてちょうど10年になりますが、先生は

一日も欠かさず弊社の「発酵玄米ギャバ」をお飲みになっています。

今月で85歳の誕生日を迎えますが、毎週木曜日の出社日には、姫路駅から弊社事務所まで

歩いて来られます。

健康長寿をテーマに一週間集めた新しい資料などをわかりやすく話してくれますが、

本当に「目から鱗」です。