今高松市に来ています。

明日6時から高松南倫理法人会モーニングセミナで講話し、

あさっては高松市倫理法人会第1000回モーニングセミナで

記念講演をさせていただきます。

今日姫路市立大塩公民館でNPO法人ナルク姫路しらさぎ会の

臨時総会がありました。

姫路しらさぎ会は今日の臨時総会をもって19年の歴史に終止符を

打ちました。

井上周三さんは設立当時から代表を務めてきましたが、85歳という

高齢の上に、車の事故で自由に歩けなくなり、後継者が見つからない中で

閉鎖という苦渋の決断に至りました。

ナルクの主な活動は、福祉ボランティアがメインですが、名ばかりではありますが、

家内と二人で参加しています。というより、井上さんの人間力に魅せられて参加しました。

井上さんは私の山の師匠でもあり、井上さんから日本100名山のガイドブックをいただいたのが

結果的にはエベレストまで来ました。

井上さんの「おかれた環境でベストを尽くす;悪かったのはすべて俺のせいだ;おれが

やらずに誰がやるんや」は、私の人生に少なからぬ影響を及ぼしました。

ボランティアでネパール、バングラディッシュに井戸を掘ったり、信州の果樹園で

稼いだお金をナルクの活動資金に充てたりしてきました。

「今の大学生の初任給より多く年金をもらっている私たちの年代が、自分たちの

ためだけにこのお金を使っていいのか」と問いかける井上さんのメッセージには

胸を熱くしました。

井上さんの周りには同年代の応援者が多かったですが、若いボランティア精神の

後継者が出ないことを嘆いていました。

私は井上さんの意志を受け継ぐことはできませんが、井上さんのボランティア精神は

受け継いでいきたいと心を新たにしました。