先日淡路島八淨寺の岩坪名誉管長から「花開く天地」「下坐に還る」の

2冊の本をプレゼントされました。

「下坐に生きる」為書きのサインもいただきました。

 「下坐に生きる」、それは愚かさを学ぶ慎みの姿そのものだそうです。

天地に向かって高く飛翔するためには、身をかがめ大地にしっかり足をつけて

踏ん張らなければなりません。⇒岩坪眞弘和尚

 「下座」ではなく「下坐」でした。

「坐」は土の上に二人の人間、すなわち「父母」を表すとのことです。

「母念とは

母を思うことである

人はすべて

母から生まれてくる

母がしっかりしていたら

すべての人は幸せになる

母なる星地球よ

平和であれ

幸せであれ」 ⇒坂村眞民

命の根源である母を思うこと、すなわち「母念」こそが

平和で幸せな世界を実現する最大の道なのです。⇒岩坪眞弘和尚

母念の碑由来