昨日宍粟市一宮町の秋田さんご夫妻に招かれてごちそうになりました。

公園のような庭の玄関には二宮尊徳翁の像が立っており、その下には

秋田さんのお爺様が会社の社是にした「三流主義が」彫られていました。

「公の為には血を流し

友の為には涙を流し

自分の為には汗を流す」

自分の生き方を問い質されるような名言に胸が熱くなりました。

大きな牛の石像がありましたので、秋田さんのお爺様が牛年生まれかと

思いましたが、そうではないのに牛を大事にされたとか。

「鈍牛不退」の精神と牛年生まれの姉のような人間になりたいとの目標で

200以上の牛関連骨董品やグッズを集めている私にとっては、これまた

ありがたいご縁をいただきました。

秋田宅牛の前で

 

 

 

 

 

 

 

部屋に掛けてある沢山の叙勲、褒章、感謝状から秋田さんのお爺様の

人生を垣間見ることができました。

秋田さんとの縁をつないでいただいた水口さんご夫妻一家、

私が尊敬している俳句の紫紋先生ご夫妻も加わり、本当に楽しい

家族会でした。

海の幸、山の幸に舌鼓を打ちながら、沢山の有益なお話に花を咲かせた

楽しい一時でした。