昨日キャッスルホテルで三木英一先生が主宰する

英斎塾20周年記念講演会と懇親会が開催されました。

三木先生は姫路東高等学校長を20年前に定年退職されてから

英斎塾を創立されました。

現在は全国木鶏クラブ世話人会会長、姫路市遺族会会長など

多忙の毎日ですが、80歳の高齢をものともせず、論語の普及や

古典の教えに東奔西走しています。

ご専門の英語は同時通訳ができるくらい達者で、セックスピアから

論語等の古典まで英語で流ちょうに諳んじることができます。

ほかに書道、茶道、社交ダンス、コーラス、詩吟など趣味も

多岐にわたり、なんでもできる八方美人です。

私と家内も300人余りの参加者とともに三木先生の熱弁に聞き入っていました。

三木先生の原点は先の大戦でお父様を亡くし、お母様が泥をなめる

ような生活をしながら子供3人を育ててくれたところにあるのでは

と思われます。

三木先生は「学びて厭わず、教えて倦まず」を貫いてきましたが、

私はせめて三木先生の半分の「学びて厭わず」を貫こうと

心を新たにしました。

懇親会での田中先生の詩吟「修学」は、詩の内容、吟詠の迫力

ともに特にすばらしかったです。

修学⇒夢窓疎石作

一日の学問 千載の宝

百年の富貴 一朝の塵

一書の恩徳 萬玉に勝

一言の教訓 重きこと千金