昨日日本ヨーガ道友協会倉本英雄会長からヨーガ呼吸法の一覧表が

届きました。さっそく事務所の壁に貼っておきました。

ヨーガは体位法(調身)、呼吸法(調息)、瞑想法(調心)の

三つからなっていますが、呼吸法が一番大事だそうです。

「生きる」とは、いきをすること;「命」とはいきのうち、と

書かれていました。

人には3億くらいの肺胞があり、そこで吸った酸素と血液中の

二酸化炭素がガス交換を行うそうですが、呼吸の浅い人は

充分な酸素を送り込むことと、血液中の二酸化炭素を十分に

送り出すことができず、それが原因でいろんな体調不良や難病に

なるそうです。

私は登山の中で結構肺活量を鍛えたから、私にとって呼吸法は

要らないと高をくくっていました。前回高松のヨーガ大会に

講演に行ったときも、呼吸法より体位法で体を柔らかくすることが

できたらと思い、ヨーガのポーズのまねばかり気にしていました。

物事は何事において、基礎的、基本的ことが一番大事ですね。

私の浅い考えを見抜いだ倉本会長は、ヨーガの基本は呼吸法である

ことを、ヨーガを習うのであれば基礎をしっかりしなければという

ことを教えるためにヨーガ呼吸法の一覧表をわざわざ送って下さったと

思います。

呼吸法の八つの方法を一覧にしたものですが、専門用語だけでも

頭が痛くなるほどですが、これまで山で鍛えた肺活量を、肺胞で

充分にガス交換が行われられるよう、呼吸のトレーニングを意識的に

やってみたいと思います。