今朝は早朝作業が早く終わりましたので歩いて会社へ来ました。

5キロほどを1時間で歩きますが、家の出発から会社の前まで

金木犀ロードと言えるくらい金木犀が並んでいます。

去る10月11日ラワット氏の講演会が京都で開催されました。

インド生まれのラワット氏は、これまでに欧州議会、国連など

世界250以上の都市で講演し、1500万人以上の人々が聴講しました。

最大の講演会には50万人が集まったと言いますから、その熱狂ぶりがわかります。

「毎日イライラしている人は、毎日イライラの練習をしている。

毎日くよくよしている人は、毎日くよくよの練習をしている。

毎日笑顔でいる人は、毎日笑顔でいる練習をしている。

あなたは何の練習をしたいですか。」

「シンプルイズベスト。物事を難しく考えない。目の前の選択を大事にする。

今日をどのように過ごすか」

いたってシンプルな講演でしたが、人生をいかに生きるかが終始貫いていました。

今回の講演は長野県小布施村の木下豊さんが企画し、世界で初めてラワット氏に

本を書かせました。今回は「穴の開いた桶/Pot with the Hole」の出版記念講演で、

東京と京都の二回だけの講演となりました。

1200人の会場が1500人の満席となりました。

木下さんと親交のある副島さんのご縁で今回の講演会に参加させていただきました。

副島さんは木下さんに私の講演会を長野で企画依頼しています。

昨日は一日中副島さんに同行しながら、木下さんにも紹介していただきました。

副島さんに感謝しながら家路に就きました。