環境問題や高齢社会問題を高いレベルで解決した社会を

「プラチナ社会」と命名することを提案したいと思います。

高齢というと一般にはシルバーという言葉が使われます。

しかし、シルバーは貴金属としてはゴールドより下です。

プラチナであれば、金よりも高価ですが、品格を感じさせ、

輝きの失せない元気なイメージが出ると思います。

20世紀の経済大国の日本を「黄金の国JAPAN」に対比し、

21世紀の日本を「プラチナの国NIPPON」にしましょう。