平成21年9月23日日本100名山を完登し、三日後の9月26日

中国の玉珠山(6178m)に向かって出発しました。

それが大波乱を引き起こすとは夢にも思いませんでした。

中国登山協会から参加許可の連絡が9月21日ありました。

22日には100名山完登のお祝い登山として姫路から家内と娘、

東京から弟と甥がそれぞれ出発し鳥海山現地で集合することになっていました。

家内に内緒で玉珠山を申し込みましたので、とりあえず9月26日出発の飛行機だけ

予約しておき、詳細は鳥海山から帰って報告することにしました。

9月24日鳥海山から帰って玉珠山のことを話したら、妻と娘に雷のようにさんざん怒られました。

妻曰く「こんなに大事なことを何の相談もなく、妻をなんだと思っているか。

行きたいなら、明日法務局に行って会社をつぶす抹消手続きをしてから行きなさい」

娘曰く「お父さんがこんなに自己中だったとは知りませんでした。もしものことがあったら

バージンロードを誰と歩くんや】

次々と重なるヘビーパンチに耐え抜いての玉珠山の切符でした。

4000m級と5000m級経験なしでのちょっと無謀な挑戦でしたが。

パーティーは8人でしたが、私を除いてはみんな5千、6千m経験していました。

中には7500mに登った人も一人いました。

当然ながら4300mのベースキャンプに着くなり高山病の激しい洗礼を受けました。

他のメンバらは全然平気です。お湯を一生懸命に飲みながら我慢するよりしかたが

ありませんでした。

何とか5200mのキャンプ1まで登っておりました。

いよいよ本番です。

私は近眼で眼鏡をかけていましたが、雪盲防止のためのゴーグルで

よく曇り前が見えなくなります。いっそのこと本番ではメガネをはずして

出発しました。それが危うく命取りになるとは・・・ ・・・つづく