エベレストの危険は言えばきりがありませんが、

酸素マスクの危険性もかなり高いです。

息を吐くときの結露ですぐ吸い口と吐き口が凍ってしまいます。

それを気づかずに登山、下山をつづけると高山病になり、

挙句の果てには命を落とす羽目になります。

こまめに吐き口の氷を叩き落とさなければなりませんが、

目の前の危険に集中してしまいつい忘れれてしまいがちです。

酸素が通ってなくても息はしていますので、気づきにくいです。

本番前の実習でかなり厳しく言われても、本番で忘れてしまい、

亡くなった方の例も多数あったそうです。

私も何回も吐き口チェックが遅くなり、自分では処置できず

ガイドのペンパさんに氷を取ってもらいました。足を止めて数回深呼吸を

して酸素が入ってくるを確認してから歩き出します。

今思い出しても背筋がぞっとしてきます。